税理士だけで済ませる遺産相続

遺産相続を行う場合には、手続きだけでもかなり面倒ですし、素人にはわかりにくくなっています。このように複雑な手続きが多くなっているので、誰に依頼すればよいのかわからないケースも多いでしょう。遺産相続を行う場合には、相続税の支払いが発生するので、通常は税理士に依頼するのが一般的です。基本的に税金の支払いに関しては税理士、遺言書や分割協議などは弁護士、不動産の診断などは不動産鑑定士に依頼しなければいけません。

しかし、税理士の中にはいろいろな専門家と連携していることも多いので、いろいろな専門家と連携している税理士事務所に依頼すれば、1回の依頼で全て完了することができるのです。実際このような税理士も多くなっているのですが、遺産相続でもめてしまった場合には、独自に弁護士や司法書士に依頼するようになることも少なくありません。スムーズに遺産相続ができるのであれば、このように多くの専門家と連携している税理士に依頼すれば簡単に手続きができます。

例え不動産を持っている場合であっても、会社を経営している場合であっても、多くの専門家と連携をしていれば、何度も依頼するような面倒なことを行う必要はありません。しかも多くの専門家に依頼すると、それだけ報酬も高くなってしまうでしょう。1回の依頼で全て完了する場合には、相続税に関する依頼のみを税理士に依頼した場合よりは高くなってしまうものの、最終的にはかなり安い料金で遺産相続ができるようになるのです。

ただし、依頼する場合には信頼できることが重要ですし、税理士の力量もしっかりと見極めなければいけません。なぜなら税理士の力量で、相続税をどれだけ節税できるのかが決まってしまうからです。税理士が信頼できて知識も豊富であれば、連携している弁護士や不動産鑑定士も豊富な知識を持っている可能性が高いと言えるでしょう。比較的いろいろな専門家と連携していることは多いのですが、情報収集は念入りに行わないといけません。

Continue Reading

相続の際に注意すること

遺産相続が発生したときに注意するべき点はたくさんあるのですが、特に注意するべき点は3つです。それは節税すること、遺産相続でもめないこと、財源に気を配ることです。遺産相続の際には相続税の支払い義務が生じるのですが、相続税は優秀な税理士に依頼すれば節税が可能になっています。
よってどのような税理士に依頼するかで相続税の支払い金額が変わってしまうということなので、税理士選びは慎重に行いましょう。次に遺産相続では身内同士でもめることが多いのですが、このようにトラブルを起こしてしまうことで、余計な費用を使ってしまう場合があります。また、故人に対して顔向けができないでしょう。
最後は税金を支払うためや、今後生活をしていくにあたって必要になる財源をしっかりと確保しておくことが大切です。特に税金の支払いはどんなにお金がなくても無理やり奪い取られてしまうので、最悪の場合には法律で処罰されてしまうでしょう。しかも自己破産したからと言って税金の支払い義務は消えないので要注意です。

Continue Reading

相続税の課税について

遺産相続の体験談でよくあるケースが、相続税の課税についてです。父親や母親など両親の遺産を相続することになった場合、財産が想像していた以上にあると、相続税が課税されてしまうケースがあります。しかし全ての人が相続税を課税されるわけではありません。相続税が課税される人は決まっており、相続税の基礎控除額を超えた場合に限られるのです。現在の基礎控除額は法定相続人が妻と子供1人の場合には、5000万円+【1000万円×2人】=7000万円になります。この額よりも財産が多ければ課税の対象になり、相続税を納めなければなりませんし、それ以内であれば相続税を支払う必要はないのです。またいざ相続税を支払うとなっても、相続税には控除や特例が存在します。債務控除は住宅ローンやカードローン、葬儀の費用、病院の入院費用などが当てはまります。また配偶者の税額軽減という特例もあり、この特例の場合は、配偶者が相続する財産が1億6000万円以下の場合には、相続税が非課税になるというものです。難しい内容も多いので、弁護士、税理士などのプロのアドバイスを受ければ安心できるでしょう。

Continue Reading

事業継承の相談も受け付けている

会社を運営していた人が死亡した場合、遺産相続のときには会社を引き継ぐ後継者を決める必要があります。個人事業主であっても問題が起こるので、法人経営であればもっと問題が発生する確率は高くなります。このような事業相続を行う場合には、誰に相談するべきなのでしょうか。
このような場合には弁護士に相談してもよいのですが、税理士でも相談を受け付けていることがあります。法人経営している人であれば、ほぼ確実に相続税の支払い義務が発生するので、まとめて税理士に依頼した方が簡単です。資金面のことも相談に乗ってくれる税理士ですが、すでに争いが発生した場合には、弁護士に依頼しましょう。
中には不景気などで会社を売りたいと考えている場合もあるでしょうが、このような場合でも税理士は相談に乗ってくれます。しかも会社を売却すれば税金の支払い義務が発生するので、税理士に相談した方が1度にいろいろ相談できるというメリットがあるのです。ただし、企業継承や売却などに詳しい税理士でなければいけません。

Continue Reading

土地評価ができる税理士を選ぶ

産相続には当然不動産も含まれているのですが、実は相続税を最も節約できるのは不動産物件の土地評価にかかっていると言っても過言ではありません。よって土地評価をしっかりとできる税理士を選ばないと、かなり多額の相続税を支払うようになってしまう可能性もあるのです。

よって不動産を持っている人が遺産相続のときに税理士を選ぶ場合には、まずホームページ内に土地評価のことがしっかりと書かれていて、実績がきちんとあるかどうかを確認することを欠かしてはいけません。その上で税理士事務所の評判を調べて問題なければ問い合わせをするようにしましょう。また、問い合わせの返信方法によっても信頼できる税理士であるかどうかの判断ができます。

できればどのようにして土地評価を行っているのかがわかればよいのですが、ホームページ上で公開している税理士もいるので、このように土地評価の方法をしっかりと公開している税理士であれば、かなり安心感が高まると言えるでしょう。

さらに、相続専門の税理士を全国から厳選して、ポータルサイトとして公開しているケースがあります。こういう厳選相続税対策税理士を利用するのもよいでしょう。

Continue Reading

手続き代行のみなら安い税理士でもよい

相続税は遺産が多ければ多いほど多く支払う必要があるのですが、中には多く支払ってもよい、元々支払う料金は安いから、申告だけ代行してくれれば問題ないという人もいるでしょう。そのような場合であれば、料金の安い税理士に依頼するという方法がよいと言えます。
どのような税理士であっても、税理士という肩書がある人であれば、相続税の申告代行はできて当然です。税理士で相続税の支払い代行もできないという人はまずいません。しかし、相続税は2015年度からまた増税されるので、少しでも支払額を抑えたいという人が大半を占めているため、少しでも節税するために、遺産相続の際には知識が豊富なベテランの税理士に依頼する人が多いのです。
自分は多少相続税が高くても文句はないという人は、おそらく税理士に支払う報酬のこともあまり検討していないでしょうが、税理士に支払う報酬を安く済ませたいと考えている人の多くは、あまり相続税を支払いたくないと考えているでしょう。もちろん税理士の能力は報酬で決まるわけではありませんので、評判を調べることも重要です。

Continue Reading

税理士によって依頼件数が全然違う

税理士にもいろいろな人がいるので、中には年間100件を超すような依頼を受けているような人もいれば、年間で10件も依頼を受けていないような人もいるのです。なぜ税理士によってこれ程差が出てしまうのでしょうか。それは税理士としての知名度と信頼度が不足していることが原因です。
しかし、税理士になって間もない頃はどうしても知名度が不足している上に、信頼を得ることもできていません。このままいろいろと宣伝しても、おそらく効果は全くないと言えるでしょう。そんなときにはベテラン税理士が行っているセミナーに参加することをおすすめします。そうすることでマーケティングの方法を学ぶことができるでしょう。
そして最も信頼を得ることができる依頼が遺産相続です。遺産相続は面倒ですし、相続税は税理士の腕によって変わってくるので、信頼を得る絶好のチャンスだと言えるでしょう。もちろん一般的な税務もこなす必要があるのですが、遺産相続は一気に知名度と信頼性を上げられるので、しっかりと知識を身に付けておかないといけません。

Continue Reading

相続税申告を税理士へ依頼する

税金の場合には必ず支払期限が存在しています。支払期限を過ぎてしまうと未納という扱いをされてしまい、通常の支払額にプラスした金額を支払うようになるので、必ず支払期限までに納める必要があります。もちろん相続税であっても同じことなのですが、遺産相続のときに支払う相続税の支払期限はいつまでになっているのでしょうか。
それは遺産相続をして、相続が発生したときから10ヵ月と定められています。相続税というのは手続きが面倒ですし、遺産相続で身内同士が争いを起こしてしまうこともあるので、できる限り早急に支払う必要があります。そのためには遺産相続が行われたらすぐ税理士に依頼するようにしないといけません。
相続税の支払義務が発生するのかわからないというときであっても、やはり税理士に相談するのがよいでしょう。よく四十九日の法要が終わってから税理士に依頼するという人もいるのですが、もちろんそれでも問題はありません。しかし、可能であればもっと屋は目に依頼しておくと、手続きがスムーズになります。

Continue Reading

平均的な税理士の報酬はいくらなのか

遺産相続のときには税理士に頼ることが多いでしょうが、税理士に依頼すると高い報酬が必要だから考えてしまうという人もいます。また、税理士の平均的な報酬がいくらぐらいなのかわからないので、安いのか高いのかの判断もできないという人も多いでしょう。そこで遺産相続時に税理士に依頼した場合の平均的な報酬について紹介させていただきます。
税理士の報酬は当然依頼する人によって変わってくるのですが、平均的な報酬は遺産相続をするときの総遺産額によって決まります。総遺産額が高ければ高いほど税理士に支払う報酬も上がると考えてよいでしょう。ちなみに相続税がかからなければ、特に税理士に依頼する必要はありません。
では総遺産額のどれぐらい支払うのが一般的なのかというと、大体0.5パーセントとなっています。例を挙げてみると、総遺産額が2億円あったとしますが、この場合には税理士に支払う報酬の平均的な報酬は100万円となっているのです。このことを知っておけば、大体平均的な報酬がわかるので、税理士を選ぶときの参考になります。

Continue Reading

相続で弁護士検索を利用する

弁護士に相談をする時には、大体インターネットで評判を確認して選ぶのが一般的なのですが、弁護士の数はかなり多くなっているので、ある程度絞り込むのも苦労するでしょう。そこでお勧めの方法が、弁護士を検索するサイトを利用して選ぶという方法です。
基本的に住んでいる地域と相談したい内容を入力すると、ある程度弁護士の数を絞って検索できるので、その中で色々と比較をしたり、評判を調べたりして選べばそれほど時間を掛ける必要もありません。ただし、弁護士を検索するサイトも多数あるので、まずはサイトの評判から確かめる必要があります。
また、弁護士には遺産相続に強い人もいれば、税金に強い人もいるので、やはり自分が相談したい内容に強い弁護士を選ぶことも重要です。日本の法律はかなりややこしい部分が多く、一般の人では理解できないような内容もあるので、遺産相続のことで相談したいのであれば、遺産相続に関する法律に詳しい弁護士を検索して相談するのが最もトラブルを少なくする方法です。

Continue Reading